事業内容(リパワリング)

太陽光サイトのリパワリング

リパワリングで太陽光発電の収益を最大化

          
リパワリングとは、経年劣化した太陽光発電設備を新型モデルへの交換をすることで発電量を増強することを言います。 太陽光発電の設備交換をすることで発電量を増やし、保守管理費の削減を図ります。

太陽光発電は、運用期間の経過とともにパネルやパワーコンディショナーなどの経年劣化により、 導入時に比べて毎年発電量が低下していきます。 限られたFIT期間で最大の収益を生み出すには、発電量をいかに向上させるかが重要です。 早い段階のうちにリパワリングすることで、発電量を改善し、FIT期間終了まで太陽光発電システムの収益を最大化しましょう。

パワコンのリパワリングで発電量をよみがえらせる

パワーコンディショナーは発電量のカギを握るとも言われています。
FIT買取期間20年のうち、一度は訪れるパワーコンディショナーの保証期間終了と寿命による交換。

設置当時のものより変換効率が高いパワーコンディショナーが次々とリリースされているため、 既設のパワーコンディショナーをただ新しいものに交換するのではなく、売電が最大化するようにパワーコンディショナーを含めて改修することが太陽光発電の収益を最大化するコツになります。

こんな方におすすめ

  • 年々発電量が減ってきている
  • 売電収入を過去よりもっとたくさん増やしたい
  • システム全体の収益を最大化したい
  • 運用開始からそろそろ10年経過している
  • FIT制度創設当初に太陽光発電を設置している

パワーコンディショナーのリパワリングとは?

経年劣化した太陽光発電設備を新型モデルへの交換をすることで発電量を増強させるリパワリング。

太陽光発電は、一度設置すると発電能力を上げることはできませんが、発電量のカギを握るパワーコンディショナーを新型に交換することで低下した発電量の向上が望めます。
FIT当初のパワーコンディショナーは、現在のものと比べて、変換効率が低く、発電設備本来の性能を十分に発揮できていない可能性があります。

現在ご使用のパワーコンディショナーの保証期間を待つ必要はありません。
故障してしまってからでは交換までの間の発電ロスが大きいため、早い段階のうちにパワーコンディショナーをリパワリングすることで、FIT期間終了まで発電量が向上し、より高いシステム収益を得ることができるでしょう。
できるだけ早期交換することがリパワリングのコツです。
      

パワコンを早期交換するメリット

  • 故障してしまってからでは交換までの間の発電ロスが大きい
  • 新型パワコンは低価格で変換効率が高いため、売電収入の増加が見込める
  • 新型パワコンへの交換が早ければ早いほど、発電量が改善される期間が長くなり、FIT期間終了までの発電収益を最大化できる
  • FIT当初の発電所は買取価格が高いため、早期交換するほどリパワリング効果が高くなる
    
01故障してしまってからでは交換までの間の発電ロスが大きい

パワコンが故障している間は発電できなくなります。
交換部品の調達など思いがけず時間がかかるかもしれません。
故障した間、売電収入を得られないことを考えると、
計画的なメンテナンスが重要になってきます。
02新型パワコンは低価格で変換効率が高いため、
売電収入の増加が見込める

現在のパワコンは、設置当時に比べて大幅に変換効率が
アップしています。また、大きさもコンパクトになり、
少ない台数での稼働が可能になるため、たとえパワコン
の保証期間が残っていたとしても、特に規模の大きな
発電所や古い発電所ほど早めに交換することが、
残り限られたFIT期間で最大の収益を生み出すことでしょう。
03新型パワコンへの交換が早ければ早いほど、発電量が改善される期間が長くなり、FIT期間終了までの発電収益を最大化できる
太陽光発電は、一度設置すると発電能力を上げることはできません。
すでに稼働している場合、つくりなおすことは容易ではありませんが、新型パワコンへの交換というリパワリングによって1%でも2%でも発電量を増やせる可能性はあります。

20年間という買取期間を考えれば、その差が将来を左右すると言っても過言ではありません。
 
 
04FIT当初の発電所は買取価格が高いため、
早期交換するほどリパワリング効果が高くなる
比較的新しい太陽光発電にてリパワリングを行った場合でも発電量を増やすことはできますが、 買取単価が低ければあまり投資効果は見込めません。

FIT当初に設置した古い太陽光発電はFIT買取価格が高いため、発電量が増えることで より一層の収益改善効果を感じられることでしょう。
買取価格が高い案件であればあるほど、リパワリングのメリットは大きくなります。

リパワリング施工実績

リパワリングで発電量アップ
FIT契約の8年目にPCSリパワリング FIT契約の残り12年間という長期的な視点でみた場合、導入コストを売電量の増加で相殺でき、最もコストパフォーマンスに優れていること、 保証期間の長さ、切り替え完了までの対応時間の速さが決め手となり、ユニバーサルエコロジーにてPCSをリパワリングを実施。
  • 発電効率・設備利用率の向上
  • メンテナンス性の向上
  • 発電ロスの低減
  • 売電収益を最大限に引き上げ
  • 事業採算性の向上

発電収益を最大化して売電収入をもっとたくさん増やしたい方

FIT当初に比べて、最新のパワコンは低価格になり、飛躍的に性能が上がっています。
FIT初期に多用された集中型パワコンは、パネルの1枚でも影や汚れで発電量が下がると、その他すべてのパネルの出力は一番悪いパネルの出力に引っ張られ、 能力の高いパネルの出力を邪魔してしまうことが起きてしまいます。
一方、当社でリパワリング時に導入しているパワコンはパネル2枚毎でMPPTを行っているため、発電の悪いパネルがあっても、その他のパネルの発電量に影響しません。 これによりシステム発電量では2~10%が向上すると言われています。
ストリングオプティマイザなどを活用したリパワリングによって、さらに数%もの発電量の向上に成功したケースも報告されています。
このように売電が最大化するようにパワコンを含めて改修することが太陽光発電の収益を最大化するコツになります。
パワコンの変換効率アップによって発電量が向上し、加えて経年により増加しているミスマッチ損失を回復して、発電量を向上させましょう。

運用開始からそろそろ10年経過している方

FIT買取期間の折り返し地点となる10年目は、実はリパワリングを行う絶好のタイミングです。
その理由のひとつは、パワコンの保証期間。 FIT当初に設置されたパワコンの保証期間は、10年間と設定されていることがほとんどです。 FIT買取期間20年のうち、一度は訪れるパワコンの保証期間終了と寿命による交換。
20年の買取期間中、一度も機器を交換しなければ保証期間切れのまま使い続けることになってしまいます。
このタイミングでパワコンのリプレースによるリパワリングをすることで、残り10年についても保証期間の対象にすることが重要です。
パワコンなどのリプレースによるリパワリングでは、投資回収の計画を立てる必要があります。
また、このタイミングを逃すと、機器の更新にかかるコスト回収が難しくなる可能性があります。 太陽光発電に関する技術は日進月歩で、現在のパワコンの変換効率は初期に比べて大幅にアップしています。 発電量の向上を狙うなら、思い切った設備の更新が効果的です。 調達価格の高い初期の発電所ほど、短期間で費用回収できる可能性が高まります。 更新費用は高いという先入観に惑わされず、まずはシミュレーションを行いましょう。

ページトップへ戻る

ページトップへもどる