自家消費型・太陽光発電とは?

自家消費型・太陽光発電とは?

自家消費型・太陽光発電とは、自社の工場、倉庫、店舗、
事務所などで使用する電力を
自社で生産するための太陽光発電設備です。
いわば「地産地消型の太陽光発電」と言えます。
二酸化炭素を排出しない「きれいな電気」を
使用することができます。

自家消費型・太陽光発電

メリット1電力コストの削減

自家消費型・太陽光発電を導入する最大のメリットは、
電力コストの削減です。
自社で使用する電力を全て電力会社から購入することに
比べて、電力コストを削減することが可能です。

266kWの太陽光発電所を設置した場合

導入比較
※商業施設の屋根に2,700㎡の太陽光パネルを設置した場合
約年・約6,000,000円の電気代削減!

メリット2売電よりもお得な時代に

これまで、太陽光発電と言えば、売電目的で行うことが一般的でしたが、固定価格買取制度(FIT)による
売電単価の引き下げにより、売電よりも、自家消費のメリットの方が大きくなりつつあります。

低圧契約の場合
売電より自家消費の方がお得!
電力購入単価(1kw当たり) 27〜28円程度 + 賦課金2.9円
売電単価(1kw当たり) 18円
高圧契約の場合
2019年以降は、売電より自家消費の方がお得!
電力購入単価(1kw当たり) 15~16円程度 + 賦課金2.9円
売電単価(1kw当たり) 18円(2018年) → 15円(2019年)

メリット3CO2削減により
未来の地球に貢献します

太陽光発電はCO2を排出しないため、電力会社から電力を購入する場合と比べて、CO2の削減が可能です。
自社の環境への取り組みをPRすることもできます。

導入比較

導入事例

M株式会社様【自家消費型太陽発電設備】

M株式会社様【自家消費型太陽発電設備】

  • 竣工年月日:2018年10月
  • 設置場所:千葉県内(2か所)
  • 太陽光発電容量:576.95kw(合計)

株式会社S様

株式会社S様

  • 竣工年月日:2018年6月
  • 設置場所:大分県中津市
  • 太陽光発電容量:2353.2kw

M株式会社様

M株式会社様

  • 竣工年月日:2017年6月
  • 設置場所:愛媛県西条市
  • 太陽光発電容量:931.5kw

株式会社S様

株式会社S様

  • 竣工年月日:2017年3月
  • 設置場所:静岡県御前崎市
  • 太陽光発電容量:530.1kw

株式会社S様

株式会社S様

A株式会社様

A株式会社様

  • 竣工年月日:2016年11月
  • 設置場所:青森県三戸郡
  • 太陽光発電容量:2,322.46kw

自家消費型・太陽光発電なら
ユニエコにお任せください!

EPCサービス

EPCサービス

太陽光発電に必要な資材の調達、設計、施工をワンストップで提供いたします。産業用太陽光発電のEPCサービスで5,000件以上の施工実績があります。

O&Mサービス

O&Mサービス

太陽光発電開始後の保守・メンテナンスを定期的に行います。各地の有力パートナー企業との提携により、全国対応が可能です。

コンサルティング

コンサルティング

貴社の電力使用状況、太陽光パネルの設置場所、設置地域の日照時間などを診断し、最適な太陽光発電プランをご提案いたします。

導入までの流れ

導入までの流れ

お問い合わせはこちら

ページトップへ戻る

ページトップへもどる