ニュース

太陽光発電、環境アセス対象に 100ヘクタール以上

環境省はメガソーラーと呼ばれる大規模太陽光発電所について、法律に基づく環境影響評価(アセスメント)の対象に加える方針を固めました。面積が100ヘクタール以上が対象になる見通しです。

 

太陽光の対象基準については詳細を詰め、2019年度以降に実施する方針です。

Pick-Upピックアップ