ニュース

住宅太陽光のリプレースによる「再FIT」認めず、経産省が見解

経済産業省・資源エネルギー庁はFIT制度による買取期間の終了した住宅太陽光発電設備に関し、「リプレースによるFIT再認定を認めない」との見解を示しました。

 

経産省は、「FIT終了後は、FITに頼らずにリプレースするのが原則。(風力、水力、地熱は・・・例外的にリプレース価格を認めている。)太陽光に関しては、リプレースによる買取価格を設定しておらず、事業用太陽光と同様、リプレースによるFITの再認定は認められない」としました。

Pick-Upピックアップ