ニュース

過積載太陽光、蓄電池併設に条件

経済産業省・資源エネルギー庁は、FIT認定取得後、「過積載」の事業用太陽光に対して事後的に蓄電池を併設し、売電収入を増やすケースへの対処方針の見解を示した。

エネ庁が問題視したのは、過積載の太陽光発電設備に事後的に蓄電池を併設することにより、それまで捨てられていた再生可能エネ電気を充電し、夕方以降に放電・逆潮流してFITによる売電収入を得ようとする事業モデルである。想定していなかった事業モデルとなり、国民負担の増加を招く恐れがあり、近くパブリックコメントを実施する予定。

Pick-Upピックアップ