ニュース

JPEA自治体による太陽光発電への法定外目的税導入について「断固として反対」

JPEAは、太陽電池パネルの面積に応じて発電事業者に課税する準備を進めている自治体があることを受け、「その税負担の多寡にかかわらず、断固として反対」という立場を表明しました。

 

また、これに関連し、自民党再生可能エネルギー普及拡大議員連盟の総会において、意見表明を行いました。

 

Pick-Upピックアップ