ニュース

太陽光発電の買い取り終了へ 入札制度で価格競争促す

経済産業省は、固定価格買い取り制度を終了すると発表しました。買い取り費用の増加で消費者の負担が高まっており、新たな競争入札制度を導入してコスト低減を進める方針です。2020年にも関連法を改正する予定になっています。

 

小規模の事業用、家庭用の太陽光発電の買取制度は残りますが、自家消費で余った分のみとなる見込みです。

Pick-Upピックアップ