ニュース

東電、再エネ抑制要請へ 千葉で検討 送電線容量足りず

東京電力HDは、太陽光や風力・火力発電などを新規に千葉県の送電線につなぐ事業者に対し、一時的に出力の抑制を要請する検討に入ったと発表しました。千葉県の送電線の空き容量不足が原因です。

 

送電線の空き容量の問題での実施検討は国内で初めてのもよう、とのことです。

 

送電線の容量不足は全国的な課題であり、今後、同様の事態が全国へ広がる可能性があります。

Pick-Upピックアップ