ニュース

九電が最大規模の出力制御 再エネ事業者対象、10回目

九州電力は2月24日、一時的な発電停止を求める出力制御を実施しました。

 

最大制御量は138万キロワットとこれまでで最も大きい規模です。昨年10月に全国初の本格的な出力制御を実施して以来、今回で10回目となり、今年は1月3日以来で2回目です。

 

Pick-Upピックアップ