ニュース

丸井グループ CO2量、経営指標に

丸井グループは経営指標に環境に配慮した数値を取り入れます。排出するCO2量と稼ぐ営業利益を比較し、いかに環境負荷を抑えつつ効率良く稼ぐかを意識するものです。

 

 

企業の収益力を表す「自己資本利益率」になぞらえ「炭素利益率」と呼ばれる指標で投資家の関心も高まっており、日本の上場企業で導入するケースは珍しい、とのことです。

 

Pick-Upピックアップ