コラム

太陽光発電と天気の関係丨有意義な発電が見込める条件とは

太陽光発電の効率は、天気や気温、方角などいくつかの要素に左右されます。そこでこのコラムでは、太陽光発電の導入を検討する際に考えるべき「発電効率に影響する要素」を紹介しつつ、「効率の良い発電が行える条件」も併せて丁寧に解説していきます。

太陽光発電設備の発電量を下げてしまう要因

まず、太陽光発電の効率を下げてしまうポイントを紹介しましょう。その要素には意外と知られていないものも含まれているので、これからソーラーパネルの設置を考えている人はチェックしてみてください。

天候

太陽光発電が天候に左右されること、日光が出ていなければ効率が下がるのは誰もが想像しやすいことだと思います。具体的には、発電効率は曇りの日には晴天の日の20~30%程度に低下し、雨天時は10%くらいまで下がります。

気温・気候

ソーラーパネルは、本体があまりに高温になると効率が落ちるという特性を持っています。具体的には25℃を超えてからは1℃上がるごとに約0.4~0.5%の効率低下が起こります。

 

近年ではこの欠点を補うために、アモルファスシリコンという物質を使用したヘテロ接合型ソーラーパネル(HIT)というタイプも登場しています。

パネルの設置位置・角度・方角

ソーラーパネルは日光を受けることで発電しますから、取り付ける方角が効率を大きく左右します。方角として理想的なのは真南に向いていることで、最も望ましくないのは北側に向くことです。しかし、建物自体の向きや、設置場所の面積の都合によって、南面だけに設置するより東西に分けて設置する方が良いというケースもありますので、設置検討の技術が問われます。

 

また、設置するパネルの水平面からの角度も効率を左右します。一般的には30度くらいの角度が望ましいですが、地域差もあるので、設置のプロとよく相談しましょう。

 

しかし実は角度よりも重要なのは、設置する箇所です周辺環境です。どれほど方角、角度がよくても、大きな建物の陰になったり、木陰になったりしては発電効率につながりません。

パネルの汚れ

屋根部分にあることもあって、ソーラーパネルは汚れやすい物体です。鳥などの糞害や枯れ葉が貯まったりすることで効率は下がりますし、雪でパネルが覆われてしまえば、雪下ろしの手間がかかります。また汚れによるホットスポット化や故障のリスクも無視できません。

その他発電効率に影響のある要素

その他、発電効率に影響がある要素を列挙します。

・日照時間が多い地域と少ない地域では、年間の発電量に差が出る

・パネルの製造元によって発電効率に違いがある

 

太陽光発電の効率を高めるために気を付けること

この項目では、太陽光発電の効率を高めるために気を付けた方が良いことを紹介していきます。

設置段階でしっかりと専門家に相談する

ソーラーパネルは設置する方角、角度、場所で発電量が大きく変わります。そのため信頼できる専門業者に設置段階でしっかり相談する必要があります。

日照時間を意識する

前述したように、ソーラーパネルは日照時間の寡多で年間の発電量が変わります。そのため、設備投資を回収する期間に差が出たりしますから、地域性を踏まえた設置計画を立ててくれる業者としっかりシミュレーションを行ってから設備投資を行いましょう。

定期的なメンテナンスを行う

ソーラーパネルは汚れの付着やごみの堆積によって効率が低下します。また暴風時の飛来物などによって破損することも、まれにではありますがあり得ます。そのため、設置後は定期的な点検や清掃をすることをおすすめします。

 

しかし、屋根の上にあるソーラーパネルを個人で清掃を行うことは非常に危険です。安全対策や技術をしっかり持っている信頼できる会社に点検作業を依頼するようにしましょう。

 

太陽光発電と天気の関係性のまとめ

太陽光発電の効率を左右する条件に付いて解説しました。確認のために以下に個条書きで要点をまとめておきましょう。

 

・ソーラーパネルの発電効率は、以下の要素で低下する可能性がある。

天候…曇天、雨天は発電量ダウン。またソーラーパネルは温度が25℃を超えると効率が低下していき、真夏の暑い日には2割程度ダウンすることもある

パネルの向きや場所…日射量が多い方角、角度に注意し、日陰にならない場所への設置が望ましい

汚れ…ソーラーパネルは汚れやゴミ、雪が乗ることで効率が低下する

 

・ソーラーパネル自体の変換効率、地域による日照時間の差によっても発電量はかわる

 

・ソーラーパネルの設置を相談する業者は、上記の要素を踏まえた設置検討ができること、また定期的な点検や清掃ができることが望ましい。

 

「ユニバーサルエコロジー株式会社」は上の条件をしっかりと満たした、ソーラーパネルや太陽光発電設備の設置やメンテナンスを行う専門性の高い会社です。

 

私たちユニバーサルエコロジー株式会社は1996年の創業以来、20年以上に渡ってソーラーパネルの設置を続けており、その実績は既に5,000件を超えています。また、システムや構成ユニットの調達も1社にこだわったものではありません。世界各国から品質の高いメーカーを選び抜き、信頼性の高い物品を取り扱っていますので、状況に応じた多様な組み合わせが可能です。

 

設置工事においても、技術者集団として作業に妥協を許さず、品質と安全性を優先した工事を行うことを可能としています。

 

さらに、太陽光発電設備が、設置してから一定の年数をかけて初期投資を回収していくものであることを踏まえて、定期的な点検や清掃・メンテナンスを行って、機能の低下を防ぎつつ、お客さまに安心して使用していただける状態の維持に努めます。

 

売電価格の想定以上の下落が進んでいる昨今ですが、太陽光発電設備は売電から自家消費のシステムに移行することで、電気料金の節減と、再生可能エネルギー使用の促進を叶えていくことが可能です。

 

太陽光発電設備をご検討される場合は、ぜひ私たち、ユニバーサルエコロジー株式会社にご相談ください。

Pick-Upピックアップ