SDGsへの取り組み

SDGsへの取り組み

SDGs(Sustainable Development Goals「持続可能な開発目標」)とは、 持続可能で多様性と包摂性のある社会の実現のため、2030年までに達成しようとする17の国際目標で、2015年9月の国連サミットで採択されました。

「地球上の誰一人として取り残さない(leave no one behind)」という誓いのもと、人間、地球及び繁栄のための行動計画として、「貧困」「健康と福祉」「教育」「働きがい」「気候変動」など17の目標と169のターゲットで構成されています。


ユニバーサルエコロジーの経営理念には、『次世代の子どもたちのために、未来の地球のために、持続可能な「再生可能エネルギー社会」の発展に貢献していきたい』という思いが込められており、当社の「経営理念」や「目指すべき企業の理想像」は、SDGsの理念と一致しているものと考えております。


当社は、枯渇資源に依存せず、原子力発電にも依存しない「再生可能エネルギー」にて、日本一安価な電気を永続して供給して行くことを使命とし、太陽光発電事業を展開してまいりました。

これからもユニバーサルエコロジーは、再生可能エネルギー社会の普及・促進を通じて、国連が提唱する持続可能な社会の実現に貢献してまいります。

SDGs世界を変えるための17の目標

ユニバーサルエコロジーのSDGsに関する取り組み

ユニバーサルエコロジーは、持続可能な開発目標(SDGs)を支援しています。

ユニバーサルエコロジーは、持続可能な開発目標(SDGs)を支援しています。

  • ■ 当社の事業における電力は再エネ100%電力を使用
  • ■ 太陽光発電を中心とした再生可能エネルギー普及拡大によるクリーンエネルギーの創出とCO2削減
  • ■ 自家消費型・産業用太陽光発電による太陽光の普及拡大によるCO2削減
  • ■ 売電収益の最大化
  • ■ 定期保全型のO&Mで売電収益の最大化
エネルギーをみんなに
そしてクリーンに
『エネルギーの自給自足率向上』
ユニバーサルエコロジーでは、再生可能エネルギーの普及促進こそが脱原発を実現し、この国・この地球で安心・安全に暮らしていくための最善の打開策であると確信しています。 枯渇資源、原子力発電所に依存しない社会の構築に向け、電気という必要不可欠なエネルギーの自給自足率を再生可能エネルギーを通して高め、「圧倒的な品質・サービス・価格」で永続して供給していくことを使命とし、日本の新しい社会に貢献してまいります。
気候変動に具体的な対策を
『太陽光発電事業によるCO2排出量の削減』
地球温暖化問題が議論される中、再生可能エネルギーへの転換が注目されています。 ユニバーサルエコロジーは、太陽光発電の普及・促進において、これまで5,000件以上の施工実績を残してきました。 太陽光発電がこれからの国内の主電源たりえるエネルギーとして普及させることが重要だと考えております。

ページトップへ戻る

ページトップへもどる