バイオマス発電事業

循環型社会の実現を目指して

バイオマスとは、動植物などから生まれた生物資源の総称です。
バイオマス発電では、この生物資源を
「直接燃焼」したり「ガス化」するなどして発電します。
技術開発が進んだ現在では、様々な生物資源が有効活用されています。

3方向からアプローチ

バイオガス発電

農業残渣、食品加工廃棄物、
家畜排泄物などのメタン発酵による
ガスを燃料とした発電方法

バイオディーゼルフュエル発電

菜種やヒマワリ、パーム油等の油糧作物、廃食用油といった「油脂」を原料として製造する軽油代替燃料を用いた発電方法

木質ペレット発電

間伐材などの山林の未利用材などを、ペレットやチップに加工し、燃料として使用する発電方法

ページトップへ戻る